サッカーイングランドイタリアオランダヨーロッパプレイヤー代表戦ネトゲアニメ日記その他
サッカーやアニメ
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.10.24 Mon
W杯特集

各チームごとの分析+評価

南米編

☆ブラジル(FIFAランク1位)★
・18大会連続18回目の出場
・最高成績:(年)
・監督:優勝(58,62,70,94,02)
・システム:4-4-2
・中心選手:
 ロナウド(レアル・マドリード=スペイン)
 ロナウジーニョ(バルセロナ=スペイン)
 アドリアーノ(インテル=イタリア)
 カカ(ACミラン=イタリア)
・コメント:
間違いなくタレント力は世界一。優勝候補NO,1だろう。すべてのポジションに世界的有名選手が多数。カフー、ロベルト・カルロスといったベテラン勢からカカ、アドリアーノ、ロビーニョなどといった次世代のスーパースターまでどこをとっても弱点は見つからない。唯一の弱点を挙げるとすればセンターバックかもしれないがそれはほかのポジションと比べて、ということ。



----------------------------

☆アルゼンチン(FIFAランク4位)★
・9大会連続14回目の出場
・最高成績:優勝(78,86年)
・監督:ホセ・ペケルマン(アルゼンチン)
・システム:3-5-2
・中心選手:
 クレスポ(チェルシー=イングランド)
 アイマール(バレンシア=スペイン)
 リケルメ(ビジャレアル=スペイン)
・コメント:
こちらもブラジルと同じくタレント力は世界屈指。間違いなく優勝候補。上であげた3人以外にもすばらしいプレーヤーが各ポジションにいる。チームとしてもアルゼンチンユースの監督を経験したペケルマンがそのまま代表監督になりユース時代の教え子達を起用している。ベテランから若手と駒は有数。若手の有望としてはTOYOTAカップで話題になったテベスや今現在バルセロナでプレーして天才との呼び声が高いメッシなど次世代も安定している。



----------------------------

☆パラグアイ(FIFAランク33位)★
・3大会連続7回目の出場
・最高成績:ベスト16(98,02年)
・監督:ルイス・アニバル(パラグアイ)
・システム:4-4-2
・中心選手:
 サンタクルス(バイエルン・ミュンヘン=ドイツ)
 アクーニャ(デポルティボ・ラ・コルーニャ=スペイン)
・コメント:
ドイツで活躍しているサンタクルスがチームの核。守備力にも定評があり全大会はベスト16まで進んでいる。過去にチラベルトという世界的に有名なGKを放出した国として世界に名が知れ渡っている。



----------------------------

☆エクアドル(FIFAランク36位)★
・2大会連続2回目の出場
・最高成績:グループリーグ敗退
・監督:フェルナンド・ルイス・スアレス(コロンビア)
・システム:4-4-2
・中心選手:
 デルガド(バルセロナ=エクアドル)
 デ・ラ・クルス(アストンビラ=イングランド)
・コメント:
平均年齢は低く若手を積極的に起用している。前回の日韓W杯で初出場して2回目の出場だが力は十分にある。デルガドを中心にしたチームで決勝トーナメントに進む力は十分に備わっている。





 ブログランキング

スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://new3kin.blog32.fc2.com/tb.php/10-4e15545b
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。