サッカーイングランドイタリアオランダヨーロッパプレイヤー代表戦ネトゲアニメ日記その他
サッカーやアニメ
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.06.11 Sun
2006FIFAワールドカップ2日目

○イングランド×パラグアイ
1-0
ENG ガマラ(OG) 4'

試合は開始早々動く。
ベッカムの強烈なFKにパラグアイの主将ガマラがたまらず頭でオウンゴール。
いきなりすぎる失点に加え8分に正GKのビジャールが負傷退場となってしまったパラグアイ。
その後もイングランドに攻め込まれるも決定的な場面は見られず勝負は後半へ。
後半になり前半での勢いは逆転。
ボールを圧倒的に支配するパラグアイにイングランドはボールを跳ね返すのがやっと。
しかしボールを支配されても最後の扉を開かせないイングランドDF陣。
試合はこのままパラグアイの猛攻をしのいだイングランドが勝利。
マンオブザマッチには攻守ともに安定した動きを見せたランパード。
初戦として手堅く勝ち点3を手に入れた。


○スウェーデン×トリニダード・トバゴ
0-0

スウェーデンの猛攻を90分間耐え抜いたトリニダード・トバゴが歴史的な勝ち点1を獲得。
下馬評ではスウェーデンの圧勝、
しかしそれがプレッシャーになったのかスウェーデンの攻撃がかみあわなく逆にトリニダード・トバゴに攻められあわやゴールかとなるポスト直撃のシュートを打たれてしまう場面も。
後半開始早々にトリニダード・トバゴは退場者を出しよりいっそう厳しい戦いになるかと思ったが、
かつてスペインやオランダで指揮をした経験のある名将レオ・ベッカーが腕を見せた。
少ない人数にもかかわらずあえてFWの選手を投入し前線の枚数を2枚に。
前半までのFW1枚頼みという戦術から2人で崩していくというものに変えた為何度かスウェーデンDF陣を崩す場面も見られるようになった。
その為スウェーデンの両サイドDFの上がりが消え攻撃のリズムはより悪くなりトリニダード・トバゴの思い通りの展開になってしまった。
何度か訪れた決定的な場面も、試合直前に正ゴールキーパーが怪我をし急きょ出番が回ってきたヒスロップが好セーブを見せチームを救った。

試合終了後の両陣営の姿は対照的。
肩をがっくりと落とすスウェーデンに対し、まるで優勝したかのような大騒ぎのトリニダード・トバゴ。
マンオブザマッチにもヨークが選ばれトリニダード・トバゴは世界に衝撃を与えたことだろう。
トリニダード・トバゴ相手に勝ち点を取りこぼしたチームがGLを敗退するだろうと言われているB組。
スウェーデンはこれから厳しい戦いになるだろう。


○アルゼンチン×コートジボワール
2-1
ARG クレスポ 24'
ARG サビオラ 38'
CIV ドログバ 82'

近年目まぐるしい成長を見せているアフリカサッカー。
この試合はそれを象徴するような展開となった。
スコアだけを見れば前半に2得点を奪ったアルゼンチンが試合を終始押し込み、後半終了間際に失点を許したという試合だ。
しかし実際のゲーム内容を見てみるとコートジボワールの勝ち試合。
前半からコートジボワールが何度もアルゼンチンゴールを脅かした。
しかしアルゼンチンゴールをこじ開けたのが82分、このゴールがもっと早い時間帯に出ていたら結果は変わっていたかもしれない。
ただ押し込まれながらもチャンスを確実にものにしたリケルメ、クレスポ、サビオラはさすがにワールドクラスのプレイヤー。
コートジボワールは組織+個人技がうまい具合に融合したすばらしいチーム。
ベスト16やベスト8に入るほどの力も持っていると思う。
ただ入った組が悪かった、コートジボワールがGLで消えるとなれば非常に残念なことだろう。



3日目
C組
セルビア・モンテネグロ×オランダ
D組
メキシコ×イラン
アンゴラ×ポルトガル

------------------
ユニフォームまで来てテレビの前で熱く応援したイングランド戦。
とにかく勝ててよかった。
1-0とイングランドらしい試合展開。
相手に攻め込まれたけれども決定的な場面は作らせない堅守。
安心して見れました。

只!
この試合は主審が目立ちすぎた。
なにもそこまでファールスローとらなくていいんじゃん?とか
クラウチのファールをとりすぎていた。
そして何気なく競ったクラウチに対してのイエローカード。
前半のジェラードに対してのイエローがもっとわからなかった。
スライディングにいき相手を倒してしまった場面。
主審はなんのファールもとらずボールが切れたところでジェラードにイエローを提示。
流した?
いやそんなことはないはず。
その倒れた選手はゴールとは程遠い所にボールを蹴っ飛ばし倒れた。
パラグアイにとって流すメリットがなかった。
ジェラードにイエローを出すんだったらフリーキックが与えられた場面では?

ほんとにそこれへんを説明してほしい!


しかしスウェーデンがトリニダード・トバコに引き分けるという誤算が起こった。
イングランドの願いとしてはスウェーデンにそれほど点差もつけるべきではなくまた最低でも勝ち点3はとってほしかったところ。
2試合目までにイングランド2勝、スウェーデン2勝とし3試合目の直接対決はB組の1位と2位を決めるという展開がよかった。
そうなればスウェーデンもそこまで激しくはこないだろうし、
怪我人に悩まされているイングランドにとっても主力を休ませるチャンスができる。
けれどもスウェーデンはこの引き分けで3試合目はガチできそうな予感が・・・
2戦目のトリニダード・トバゴ、3戦目の「主力を休ませた」スウェーデン相手となればたくさんの若手に経験をつませることだって出来るし、
もしかしたらウォルコットがゴールを決めるかもしれない。

そんなことを考えていました・・・
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://new3kin.blog32.fc2.com/tb.php/284-1b2aa0bf
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。