サッカーイングランドイタリアオランダヨーロッパプレイヤー代表戦ネトゲアニメ日記その他
サッカーやアニメ
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.06.20 Tue
2006FIFAワールドカップ
各グループの2戦目が終了
決勝T進出チームも決まった。


それでは第2戦目限定の、

○ベストゴール
アルゼンチン×セルビア・モンテネグロのアルゼンチン2点目カンビアッソのゴール
(パスが流れるように繋がりおそらく今大会最も美しいゴールになるであろうゴール)

○ベストチーム
アルゼンチン
(大勝したチームは選びたくはないがそれほど完璧な試合運びをした。
神が生まれた試合だけに選ぶしかないでしょ)

○ベストマッチ
オランダ×コートジボワール
(非常に悩んだがこの1戦。
オランダの高い決定率とコートジボワールの強さがすばらしい。
ほんとに、コートジボワールはなぜC組になってしまったのかそれがすごく残念)

○ベスト采配
スペイン
(1点ビハインドの状況で後半開始時に2人交代し後半10分にも3人目の交代を実行。
見事に代わったラウルが同点ゴールを決め、セスクが決勝点をアシスト。
さらにホアキンを投入したことによりスペインの攻撃が広くなった。
ラウルをあえてベンチに置くことで切り札的な存在として使えるようになりこれがスペインにプラスになっている)


討論:強豪が残る為には

ほぼ強豪が勝ち残ってますが中には敗退しそうな強豪もいます。
なんとかして突破させてやりたい。
そう思います。

○A組
ドイツとエクアドルがすでに突破を決めている。
しかし最終戦、エクアドルが非常に上り調子なのでドイツに「引き分ける」可能性も十分。
現時点で得失点差はエクアドルが上回っている状況。
引き分けともなるとドイツは2位通過。
つまりB組1位、イングランドと当たる可能性大。
ドイツはこの試合「勝ち」をお願いします。

しかし両チームとも選手の質は落としてくるので選手層の差が出てドイツにおさまりそうな感じはある。


○B組
イングランドが決勝T進出を決めている。
2位争いは、最終戦イングランドと当たるスウェーデンが4。パラグアイと当たるトリニダード・トバゴが1。
トリニダード・トバゴが「勝ち上がる」可能性を考えてみます。
スウェーデンが負けを前提として1点差の負けならトリニダードトバゴも1点差の勝ちで、勝ち点と得失点差、総得点が並びます。
直接対決も同点な為、抽選です。
これは非常に可能性は低いとみます。
第一にトリニダード・トバゴがパラグアイ相手に勝ちは見込み薄いと思います。
さらにスウェーデンの対イングランド相手の相性の良さ。
ここ30年余りスウェーデンはイングランドに負けたことがありません。

逆にイングランドはスウェーデン相手に最低でも引き分けが理想。
負けともなりスウェーデンに勝ち点を逆転されるとA組1位のドイツと当たる可能性が大。
決勝T1回戦から地元のドイツとやるにはきつすぎる。

引き分けでも突破できるスウェーデンと口裏を合わせ両チーム警告も怪我なくドローで十分(笑)


○C組
直前に死の組と言われたC組だがすでにアルゼンチンとオランダが決勝T進出を決めている。
最終戦で当たる両国はおそらく互いに空気をよみそれほど激しい試合にはならないだろう。
どっちが首位通過でもおもしろい。


○D組
B組と同じような展開。
ポルトガルが首位で決勝T進出を決めメキシコが1勝1分で2位につけアンゴラが1分1敗で続き、イランが2敗で最下位。
最終戦でメキシコはポルトガルと当たる。
アンゴラとメキシコが2位の椅子を争うがこちらもメキシコがおさまりそうだ。


○E組
総得点、得失点、勝ち点の順にあらわすと
イタリア 3 +2 4
チェコ  3 +1 3
ガーナ  3 ±0 3
アメリカ 1 -3 1
最終戦はイタリア×チェコ、ガーナ×アメリカと当たりイタリア、チェコのどちらかが敗退を味わう可能性が大。
では、どうすればイタリアとチェコが残るのか。それを検証。

まず第一にチェコは負けるとその瞬間W杯に別れを告げなければなりません。
もっとも簡単な答えは2試合とも何点でもいいから引き分ければいい。
そうすればこの形が維持されるだけだから。

ただ最も怖いのがガーナが勝ち点3をとること。
こんな状況になればイタリア、チェコのどちらかが敗退します。

とりあえず色々得点とか考えれば考えるだけいろいろ悩みますが、全チーム引き分けてください!


○F組
ブラジルが突破して2位争いはオーストラリアとクロアチア。
オーストラリアは引き分けでも突破できる状況なので比較的有利か。


○G組
韓国、スイスが勝ち点4で並びフランスが勝ち点2で3位のG組。
最終戦、フランスはトーゴとあたり勝てば勝ち点は5となる。
スイスは韓国との試合引き分けでも得失点差の影響で決勝T進出が決まる。
しかし引き分けた場合、そしてフランスも勝った場合、勝ち点は5で3チームが並ぶ。
得失点差はスイスが+2、韓国+1、フランスが0。フランスは勝つということは得失点は0以上になると思うが、
総得点を見てみると韓国が3に対してフランスは1。韓国が引き分けに終わったとしても、フランスが1-0の勝利だと韓国に「総得点」で負け敗退が決まる。
フランスは少なくとも2-0以上の勝利が必要。

最もスイスとフランスが勝てばいい話だが・・・


○H組
スペインが進出を決定ずみ。
ウクライナが2位の位置につけ最終戦のチュニジアとの試合は引き分け以上で決勝T進出が決まる。
2戦とも先制しながら勝ちきれなかったチュニジアとサウジ戦4得点の快勝のウクライナ。
サウジは今大会絶好調のスペイン相手に厳しい状況。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://new3kin.blog32.fc2.com/tb.php/297-58834982
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。