サッカーイングランドイタリアオランダヨーロッパプレイヤー代表戦ネトゲアニメ日記その他
サッカーやアニメ
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.06.22 Thu
2006FIFAワールドカップ13日目

○イラン×アンゴラ
1-1
ANG フラビオ 60'
IRN バクティアリザデ 75'


○ポルトガル×メキシコ
2-1
POR マニシェ 6'
POR サブロサ 24' (PK)
MEX フォンセカ 29'

ポルトガルが開始早々に得点を決め24分にもPKから2点目。
試合はポルトガルの一方的な展開になると思われたがそのすぐ5分後にCKからフォンセカが決め1点差。
後半に入るとアンゴラの試合展開によってはGL敗退の可能性もあるメキシコが猛攻をしかける。
何度も得点チャンスを作ると57分にPKを獲得。
しかしここでブラボがまさかの失敗、同点のチャンスを逃した。
その後61分にもペナルティエリア内でペレスが倒されるが審判がこれをダイビングと判定。
ペレスは2枚目のカードをもらい退場。
メキシコは10人で得点をとらなくてはならなくなった。

しかし不利になるかと思われたメキシコだがその後は1人少ないのを感じさせない攻撃をしかけ1人多いはずのポルトガルは終始押し込まれる。
メキシコは決定的な場面を何度も作るが最後のつめが甘く得点がとれなかった。



○コートジボワール×セルビア・モンテネグロ
3-2
SCG ジキッチ 10'
SCG イリッチ 20'
CIV ディンダン 37' (PK)
CIV ディンダン 67'
CIV カルー 86' (PK)


○オランダ×アルゼンチン
0-0

互いにこれまでの先発メンバーから警告持ちや疲労が溜まっている選手を入れ替え望んだ試合はスコアレスのドローに終わった。
前半アルゼンチンはメッシ、テベスの若い2トップが再三チャンスを作った。
ボール支配率はオランダのが勝っていたがチャンスの数はあきらかにアルゼンチの方が多かった。

誰が出てもいい動きをするアルゼンチン。
これまですべて順調にきているアルゼンチンは決勝Tでもいい結果を残すだろう。


14日目
E組
チェコ×イタリア
ガーナ×アメリカ
F組
クロアチア×オーストラリア
日本×ブラジル

---------------------
奇跡おこしてください。
イタリア、チェコの同時決勝T進出という奇跡を!


イタリアはネスタ、カンナバロ、デルピエロ、ガットゥーゾ、トニ、デルピエロなどW杯は今大会が最後になりそうな選手がたくさん。
セリエAはあまり知らないから若手とかの情報わかんないけどイタリアも今大会に勝負をかけてそう。
GL敗退とか絶対にしてほしくないチームの1つです。

チェコもそう。
ネドベド、コラー、ポポフスキーなどなど。
特にネドベドです。
世界一サッカーに忠実に取り組む選手で真面目でチームのことを第一に考える選手。
3年前?のCL準決勝でイエローカードをもらってしまったネドベド。
大会通算2枚目でチームが勝っても負けても自身は決勝には出られない。
そのもらった瞬間に泣き崩れるネドベドは今も目に焼きついてます。
その瞬間からネドベドが大好きになりました。
なんだかネドベドのプレーを見るたびに目頭が熱くなります。

ネドベドにしろジダンにしろ本当の努力家に栄光を与えてあげたいです。


さて、日本にも軽く触れますか?

今日、横顔が玉田に非常に似た人に会いました。
女性でした。
中日ファンでした。

まぁ実際どうなのさ、日本は・・・

99%無理ですね。

例え奇跡が起こってブラジルに勝ったとしても1点差での勝利でしょう。
最低でも2点差をつけて勝たないと突破はできないのでね。

私の記憶では8年前のW杯決勝でフランスに3-0で負けて以来ブラジルに2点差をつけて勝ったのはW杯南米予選でのアルゼンチン(1-3)くらいしか思い浮かびません。
「勝つ」だけなら同じW杯南米予選でエクアドルが1-0、コンフェデでメキシコが1-0で勝ちました。
あの決定力のない、ゴール前3Mの位置でも得点が入らないほどの日本の決定力でブラジル相手に2点とれるかと言われたらね・・・

今大会の戦犯は

「駒野」

こいつで間違いないです。


オーストラリア戦で無意味に飛び出した川口よりも
クロアチア戦でクロアチア人になった柳沢よりも
クロアチア戦でPKを与えた宮本よりも
わけのわからない采配をしたジーコよりも


一番今大会で頭にきたのが駒野のオーストラリア戦でのアロイージに決められた得点シーンでのディフェンスの対応。
純粋に、単純に1対1で負けた駒野のわけがわからないディフェンスの対応、体の使い方、向き。
これほど完璧に、なすすべもなく、プロサッカー選手が、1対1で抜かれるのは許せない。
アロイージにはそこまで個人技があるわけでもなく、そこまで素晴らしい才能があるわけでもない。
ロナウジーニョのようなフェイントも出来なければアドリアーノのようなシュートを放つわけでもない。

「駒野」
のディフェンスに日本の未来はないと感じた。




あの1点のせいでブラジルに2点差つけないといけなくなったんだよ?
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://new3kin.blog32.fc2.com/tb.php/299-0c867a60
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。