サッカーイングランドイタリアオランダヨーロッパプレイヤー代表戦ネトゲアニメ日記その他
サッカーやアニメ
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.06.24 Sat
2006FIFAワールドカップ15日目

○ウクライナ×チュニジア
1-0
UKR シェフチェンコ 70' (PK)

サウジアラビア戦に比べそこまでいいパフォーマンスが見せれなかったウクライナだがシェフチェンコの得たPKを自身が決め1-0の辛勝。
初出場ながら決勝Tに出場を決めた。

チュニジアもチャンスを何度が作るが決めれなかった。
チュニジアの蹴ったFKはウクライナディフェンスの手に当たったかのように見えたが主審はノーホイッスル。
そしてシェフチェンコが自分の足に引っかかり倒れた場面はウクライナ側にとってうれしいPKの笛。
ウクライナは主審に助けられた部分もあった。

世界最高のストライカーの1人、シェフチェンコの今後の活躍に期待したい。


○サウジアラビア×スペイン
0-1
ESP ファニート 36'

スペインが1戦2戦のスタメンをすべて変えて挑んだサウジアラビア戦。
と言っても前線のラウル、ホアキン、レジェス、セスク、イアキンタの攻撃陣は控えと言っても豪華すぎるほど。
後半に入りサウジアラビアが多少押し込むもスペインのディフェンスの前に阻まれた。
スペインがその強さを見せつけサウジ相手に圧倒的な試合運びをした。

得点はセットプレイからの1点にとどまったが順調に3連勝。
近年ベスト8の壁を越えられないが今回はどうなるか?
順調にいけばベスト4をかけブラジルと当たることになるが・・・


○スイス×韓国
2-0
SUI センデロス 23'
SUI フレイ 77'

前回ベスト4もやはり地の利だった。
センデロスの流血ゴールに韓国のディフェンスからオフサイドラインでパスをもらったフレイのゴールと印象深いゴールが生まれた。
2点目に対して副審がオフサイドフラッグを上げ韓国が猛抗議するもルール上はオフサイドでない為ゴールが認められた。

韓国はイ・チョンスのCKからチャンスを作るも決定機を決められず敗戦。
フランスが勝った為GL敗退が決まった。


○トーゴ×フランス
0-2
FRA ビエラ 55'
FRA アンリ 61'

ジダンを欠き2トップで挑んだフランス。
前半から決定機を決められず2002年の再現かと思われた後半10分。
ペナルティエリア内でパスを受けたビエラのフォワードさながらの反転からのシュートでフランスが先制。
その後落ち着いたフランスがセンタリングをビエラが頭で反らせ、そのボールを受けたアンリが冷静にシュートを決め2-0。
スイス×韓国戦の結果によっては2点差以上の勝利が必要なフランスにとって2点目は非常に大きいものになった。

目標が優勝からGL突破に変わったフランス。
上を見るのではなく前を見たことによりGL突破できたのか。
それにしてもジダンがもう一度見れる、それが一番の喜びだ。


16日目
決勝トーナメント1回戦
ドイツ×スウェーデン
アルゼンチン×メキシコ

---------------------------
フランス、スイス、スペイン、ウクライナ、アジア勢全滅


スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://new3kin.blog32.fc2.com/tb.php/303-ee7fc01a
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。