サッカーイングランドイタリアオランダヨーロッパプレイヤー代表戦ネトゲアニメ日記その他
サッカーやアニメ
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.09.11 Mon
9月10付試合結果

■大宮0-2浦和
0-1 ワシントン
0-2 永井

ぬるかった。
浦和が疲労からスターティングメンバーをいろいろといじったものの2-0と完勝。
しかし2点とも「え?これが入っちゃうんだ」というゴール。
Jのぬるさがうかがえる。

それもこれもすべて主審が悪いんじゃないかな。
すぐ止め、すぐイエロー。
プレミアの試合を見た後だからかもしれないけれどもJでイエローのプレーがプレミアではファールすらないと思う。

なんとも・・・


■ミラン2-1ラツィオ
1-0 インザーギ
2-0 オリベイラ
2-1 マキンワ

久しぶり、というか初めてインザーギが長い時間出場しているゲームを見た。
やっぱりこの選手が世界最高のポジショニングセンスをもっているというのがうなずける。
このゴール前の嗅覚という点において日本人には誰一人真似することはできない。
飛び出し、DFとの駆け引き、ポジショニングセンス、思い切りの良さ、この試合もオフサイドにはなったがすばらしい飛び出しからGKと1対1になっている。
しかしこのプレーはリプレイを見てみるとオフサイドではなかった。

そして今年から新加入のオリベイラ。
シェフチェンコの7番を引継ぎこの試合も途中からプレー。
そしてすぐゴールを決めチームの信頼を得た。
さらにその後のプレーでドリブルで2人抜いてGKと1対1になった場面、シュートはファインセーブに阻まれたもののそのシェバを彷彿とさせるプレーにミラニスタの心までつかんだ。
ジラルディーノがまったく冴えなかっただけにオリベイラの活躍はアンチェロッティにとっても好材料だったに違いない。



・平山について
FC東京に入団が決まったかなんだか・・・
オシムが呼ぶとか、興味があるとかなんだけども・・・
個人的には大反対。
オランダではオランダ語も英語さえもまったく覚えようとせず、フロントに対してもう日本に帰りたいという始末。
日本に帰ってきたら帰ってきたで、日本に帰ってこれてほっとしているなどと笑顔で言った。
海外で通じず日本に帰ってきた負け犬。
試合で気迫も感じられずプロ意識もない。
期待もしてたし好きな選手だっただけに裏切られた。
もう日本代表に呼ぶなんてありえないでしょ。
柳沢とかもうそれ以上に日本にとってマイナスになると思う。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://new3kin.blog32.fc2.com/tb.php/346-b382c0f0
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。