サッカーイングランドイタリアオランダヨーロッパプレイヤー代表戦ネトゲアニメ日記その他
サッカーやアニメ
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.11.29 Tue
ガラスの仮面

第34話
「マヤの挑戦」

今回の話は「ふたりの王女」のオーディションの話でした。
原作では選ばれた人しかオーディションは受けられないといったものでしたがアニメではオーディションは誰でも参加できるといった感じみたいでした。

とりあえず光ったのがマヤの演技。



第1次審査の第1種目「毒」の課題もほかの人達とまったく違う演技をし審査員、ほかの参加者から絶賛をあびました。



第1次審査第2種目の音楽にあわせてなにかをやるものもマヤはまたもや他の人とは違うものをやりました。
ほかの人は音楽にあわせただ踊る、といったことでしたが、
マヤは音楽にあわせペンキを塗るといった誰も思いつかないようなことをしました。



そして第2次審査はマスターの動きはそのままに自分でなにか演技をしろという課題もマヤにとっては朝飯を食べるようなもの。
他の参加者が1つも演技を思いつかないのに対してマヤはなんと7通りもの演技を行ったのです。
もし審査員が止めなければ1日中だって出来たでしょう。

ここで原作だと第3次審査までありますが、
原作だとそのあまりの差の開きように対して第3次審査は必要なしと判断しマヤが選ばれる設定でした。

しかしアニメだと第3次審査はもとからなかった模様?

ちょっと「第3次審査は必要なしと判断し北島マヤに決定」のセリフが聞きたかったのに残念です。

次回はいよいよふたりの王女の練習風景が描かれます。

美内すずえさん、くれぐれもお体に気をつけて下さい。



ガラスの仮面( ^ω^)オモスレー
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://new3kin.blog32.fc2.com/tb.php/62-d4a299e8
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。